っh

 とは文節(自立語に付属語が0個以上くっついてできたもの)の集まりで出来ており、最後に「。」が付いているものである。

 文節の種類に、主語(主部)・述語(述部)・修飾語(修飾部)・接続語(接続部)・独立語(独立部)があり、それは同時に文の要素であるともいえる。

 文は、意味上の分類構造上(つくり上)の分類がある。 意味上の分類は、平叙文・疑問文・感動文・命令文だ。平叙文はありのままを表し、疑問文は疑問を表し、感動文は心の感動を表し、命令文は命令を表す。

 平叙文→太郎は走る

 疑問文→太郎は走ったのですか?

 感動文→おお、太郎が走っている

 命令文→太郎、走れ!!

 構造上(つくり上)の分類は、単文・複文・重文である。単文は主語・述語が1組の文で、複文は述語が2つ以上の文で、重文は主語・述語が並列に2つ以上並んだ文である。

 単文→私は太郎です。 私は[主語] 太郎です[述語]

 複文→太郎が落ちたことは事実だ。 太郎が[主語] 落ちた[述語] ことは[主語] 事実だ[述語]

 重文→恋はないし、良いこともない。 恋は[主語] ないし[述語] 良いことも[主語] ない[述語]

 

 重文を二つに分けると

 恋はない。 良いことはない。

 この二つに分けられる。

 そして、複文を二つに分けると

 太郎が落ちた。 それは事実だ。

 に分けられると思われる。

 重文の方は、文のつくりが同じであるが、複文の方は文のつくりが違うので、重文は簡単に入れ替えが可能になっている。 そういう意味では、文のつくりが違う二つの文がくっついているのが複文ともいえる。

カスタム検索