っh

 単語はまず、自立語(それだけで意味がある単語)付属語(自立語にくっついて意味をつけ加える単語)に分けられる。

 そして、さらに活用するかしないかで分けられる。活用とは例えば、「書か・ない」「書く・とき」などその後に続く言葉に応じて言葉のしっぽの部分(語尾)を変化させることをいう。例の中では、「書か・ない」の「か」の部分。「書く・とき」の「く」の部分は言葉のしっぽ(語尾)となっている。

 最終的には下記のように分けられていく

単語→自立語活用がある述語になる→用言(動詞・形容詞・形容動詞)
単語→自立語活用がない主語になる→体言(名詞)
単語→自立語活用がない修飾語になる→副詞連体詞
単語→自立語活用がない接続語になる接続詞
単語→自立語活用がない独立語になる感動詞
単語→付属語活用がある助動詞
単語→付属語活用がない助詞

 

 文において一番重要なのは、まず主語述語(ついで修飾語)であると思われる。よって、品詞分類においても主語になるものは体言、述語になるものは用言特別な名前が付いている。

 接続詞や感動詞は特殊なものと捉えると文における主要な要素は体言(名詞)、用言(動詞・形容詞・形容動詞)、修飾語(副詞・連体詞)であることが伺える。(付属語はそれらの要素をつなげたり、意味を決定するもの)

 ところで、この品詞分類の名前で1番覚えにくいのは副詞であるように思う。というのも、連体詞は体言のみ修飾するものであるから連体詞と分かるが、副詞は主に用言を修飾するにも関らず、連用詞とはならず副詞となっているからだ(副詞は用言だけを修飾するわけではないから、副詞となった。)

このサイトが役に立った、さらなる充実を望む方、クリックお願いします。m(_ _)m

カスタム検索