肺気腫-原因

肺気腫-原因

サイト移転しました。自動で移動します。

 肺気腫の原因は不明とされていますが、患者の8割はタバコを吸っていらっしゃる方です。また、中年以降の男性にも多く若い方は少ない傾向にあるようです。つまり、中年以降の男性の方でヘビースモーカーの方でしたら、肺気腫になってしまう可能性が高いといえるでしょう。

 とはいえ、タバコを吸っている方全てが肺気腫になってしまうわけではなく、タバコを吸っている方(1日1箱を40年の方)の15〜20%の方が肺気腫になってしまうようなので、遺伝的な原因も絡んでいるのではないのかと言われています。

 とはいえ、慢性的(長い間その状態)な炎症がそういった破壊をもたらすわけですから、肺気腫になってしまわれた方は禁煙せざる得ないと思います。

 遺伝的原因として言われているのが、α1アンチトリプシン欠損症(肺においてたんぱく質を分解する酵素の働きを抑えるのがα1アンチトリプシンで、それが遺伝的な原因で作られていない病気)と言われています。

 他の原因としては粉塵(細かいチリ)を長い間吸ってしまうような環境であったり、大気汚染といったものもあるようですが、基本的にはタバコが原因であると考えられています。


SITE SUPPORT BUTTON
Tweet   WEB RANKING  人気サイトランキング  このエントリーをはてなブックマークに追加

累計
本日
昨日
THIS SITE SEACH
カスタム検索