肺気腫-検査

肺気腫-検査

サイト移転しました。自動で移動します。

 肺気腫初期症状が息切れや痰といったものですから歳のせいにしてみたり風邪だろうと思ってしまい初期症状は見逃されがちです。そもそも原因は不明となってはいますが、患者の8割がタバコを吸っている方なわけですから、原因はほぼタバコにあると考えて良いと思います。つまり、ヘビースモーカーの方や粉塵(細かいチリ)など吸ってしまうような方々が、以前より息が切れるようになったり、痰などが出るようでしたら疑っても良いとは思います。

 確定的な診断は肺の細胞を採って顕微鏡でみることのようですが、患者への負担が大きいので、レントゲンCTによる検査、またスパイロメトリーによる肺の機能の検査があります。

 ちなみに、胸がビア樽状になる(ビア樽状胸郭)は症状が進行しなければみられませんが、レントゲンでみると肺が膨らんだ状態や、横隔膜がさがっている状態を確認することが出来ます。

 肺気腫の初期段階でおいてもCTであれば、診断は可能のようです。また、肺気腫になる原因であるタバコをかなりやっているとか、特殊な環境で粉塵(細かいチリ)などを吸うようなのであれば、スパイロメトリーで肺の機能の検査をして、その機能が低下しているとなれば、肺気腫と診断されるようです。


SITE SUPPORT BUTTON
Tweet   WEB RANKING  人気サイトランキング  このエントリーをはてなブックマークに追加

累計
本日
昨日
THIS SITE SEACH
カスタム検索