白血病

白血病

 白血病とは「血液のがん」である。

 正確にいうと骨の中心辺りにある骨髄というところに、血を造る細胞(血液幹細胞)があるが、その細胞ががんになったものである。

 がんというのはどんどん増える力があり(異常増殖性)、白血病の細胞もどんどん増えてしまい、正常な血を造ってくれる細胞を邪魔して、正常な血を造ってくれる細胞が正常な血を造れない状態にしてしまうのである。さらに、どんどん増えて血液へもれ出して、流れに乗って他の内臓にいき、そこでまたどんどん増えたりするのである。

 血液のなかには、赤血球(主に酸素を運ぶ)白血球(主に外から進入した外敵に攻撃したりする)血小板(出血したときなどにその部分を固めるもの)などがあるが、正常なそれらの細胞が少なくなってしまう白血病では酸素を運ぶ赤血球がすくなくなれば貧血のような感じになるし、外から体の内に入ってきたウィルスなどの敵を攻撃してくれる白血球が少なくなれば、感染しやすくなったり出血したときに血を止めてくれる血小板が少なくなれば、血が出やすいような状態になってしまう。

 治療としては抗がん剤による治療法正常な血液が少なくなってしまうので、それを補うための血をおくる輸血や、正常な血液がすくなくなり、外部からの敵(ウィルスなど)と戦うものも少ないので、それにそなえる感染症対策、なかなか症状がやわらがない場合、他人の骨の中心あたりにある血液を作るところ(骨髄)から正常な血を造ってくれる細胞(血液幹細胞)移植したり、赤ちゃんのへその緒にある血(臍帯血、ここに血液を造る細胞(血液幹細胞)がある)を移植したりする。

 白血病は、基本的に急性、慢性、そして骨髄性、リンパ性に分けられる、つまり

 急性 骨髄性 白血病 急性 リンパ性 白血病

 慢性 骨髄性 白血病 慢性 リンパ性 白血病

ということになる。

 急性白血病の説明の前に分化について説明する。

 分化とは単純な細胞が、成熟して機能など持つようになることである。

 急性白血病は初期の白血病とかそういう意味ではなく、白血病の細胞が分化(成熟して機能を持つようになる)せず幼い形(幼若細胞)のまま増えるのが「急性」白血病で、成熟したのがみられるのが慢性の白血病である。

 幼い細胞(幼若細胞)が増えてしまう白血病のほうが死へ至る時間が短かったので急性と付けられた。

 血液には骨髄性の細胞とリンパ性の細胞がある

 骨髄性の細胞は赤血球(主に酸素など運ぶ)血小板(出血など止める)白血球一部(単球・マクロファージ(外敵を食べる)顆粒球(好中球などで主に外敵を食べる)樹状細胞(外敵を取り込んでその特徴などを他の仲間に知らせる)であり、リンパ性は主に免疫に関わる細胞である(骨髄性のなかにも白血球の一部があり、免疫に関わる細胞が存在するがリンパ性の細胞はすべて免疫に関わる細胞のみである。)

 急性白血病(幼い血液細胞が増える)でもその血液細胞は分化(成熟して機能を持つようになる)をまったくしないわけではないが、すぐとまってしまう。そのときに骨髄性(赤血球血小板白血球一部)の血液細胞なのか、リンパ性(免疫に関わる)の血液細胞なのかで骨髄性リンパ性に分けられる。

白血病は全体から見ると10万人のうち7人、約1500人に一人ぐらいいる。これは他のがんに比べると少ないほうである。だいたいお年をめした方ががんになるが、白血病は若い人でもなるため、若い人限定であれば多いがんとは言える。

また、白血病は他の癌のように手術で取り除いたりすることはできない。

慢性白血病では白血球血小板リンパ球が一見すると増加してるようになるが、それは正常ではないものが増えているのである

急性白血病慢性なることはない慢性白血病急性なることはある

上皮組織(体の表面あたりにある組織)にできるがんといい、結合組織(体を支持する組織)である血液等に漢字のはつかえないが、ひらがなの「がん」は使える。


SITE SUPPORT BUTTON
Tweet   WEB RANKING  人気サイトランキング  このエントリーをはてなブックマークに追加

累計
本日
昨日
THIS SITE SEACH
カスタム検索