腰痛

腰痛

腰痛とは腰の痛み、腰の筋肉に炎症などがある状態

日本では腰痛の人が非常に多く、ある地域で1000人あたりのなかで腰痛だという割合が一位である。日本人の8割以上が生きている間において腰痛を経験している腰痛の人が多い国である。

腰痛の人が病院へ行っても、画像などには筋肉の状態はあらわれないため、腰痛の原因を特定できないので、心身に病気や障害のない者という扱いとなる。

病院では腰痛の原因を特定できないものの、医師による医学的知識を背景とした腰痛に対する説明がされ、痛み止めを行い様子をみたりする。

腰痛の種類

急性腰痛症

突然腰の部分に痛みが走るいわゆるぎっくり腰

腰部椎間板症

腰の椎間板(背中の骨の一つ一つの間にある円い形の線維軟骨で衝撃を和らげるクッションの役割をする)という組織が、歳をとり腰への負担が増えることによって衰えてゆき、押しつぶされてしまう障害

椎間板ヘルニア

背中の一つ一つの骨の間にある円い形の線維軟骨(糸状の長い細胞でできてある軟骨)が出てきてしまう疾患

腰部脊柱管狭窄症

腰の背中の骨の椎孔(背中の骨を作っている椎骨(背中の骨の一つ一つ)にある大きな穴)が連なってできた細長い空間)が狭くなる症状

変形性脊椎症

椎間板(背中の一つ一つの骨の間にある円い形の線維軟骨(糸状の長い細胞でできてある軟骨))が薄くなったり、椎体(背中の骨の一つ一つの円柱の部分)の端に棘ができたりする

骨粗鬆症

骨を作る速さ よりも骨を吸収する速さが上になってしまい、骨に小さな穴が多く発生する症状

感染性脊椎炎

細菌が血行を介して背中の骨で炎症を起こし膿を出させる病気

心因性脊椎症

精神的ショックやストレスにより交感神経が優位になり、筋肉がこわばり腰が痛くなる

腫瘍

組織、細胞が過剰に増えてできる塊により腰が圧迫されて腰に痛みがでる

緊張性腰痛(筋筋膜性腰痛)

腰の筋肉の緊張により筋肉や、筋肉を覆う薄い膜の傷による腰痛

ストレスで筋肉が緊張して緊張のなかでは筋肉がこわばり、体のバランスがくずれ、それをそれで腰の筋肉に負担が増しそれをまた体がバランスを整えようとして腰に負担が増し腰痛になる

慢性型腰痛

 3ヶ月以上、腰にそのままずっと鈍い痛みがあるものを長く続いていてる腰痛を慢性型腰痛という。ストレスなどの精神が原因の要素が関係することが大きい。

死に至る可能性のある腰痛

腹部大動脈瘤

大動脈解離

大動脈(全身へ向かう動脈)の真ん中の層の膜に血が入り込み、層が別々に剥がれていく

腎梗塞

腎臓の動脈が血栓(血管内の血液が何らかの原因でできた塊)などで詰まってる状態

急性膵炎

膵臓の急な炎症、

馬尾症候群

脊髄は腰の骨(腰椎)で終わりその下の神経の部分が強くおしつけられて出る症状で、尿を出すことや大便を出すことが困難になることもある。

注意を要する腰痛

化膿性脊椎炎

細菌が血を介して背中の骨で炎症を起こし膿が出てるような状態

結核性脊椎炎

肺からの結核菌(結核の原因となる真正細菌)が血によって運ばれて背中の骨で炎症が起きて膿が出てる状態

硬膜外膿瘍

脳と脊髄(脳から背中の骨の中を通って伸びている太い神経)をおおう3層の髄膜(脳および脊髄の保護のための膜)のうち、一番外にある膜で限られた組織の隙間に膿がたまってる状態であり,通常は細菌の感染(ウイルスなどが入り込む)によりなる

椎間板炎

背中の一つ一つの骨の間にある円い形の線維軟骨(糸状の長い細胞でできてある軟骨)の炎症、主に幼児がなる

脊椎感染症

背中の骨におできを起こすような細菌が入り込むことによりなる症状

多発性骨髄腫

血の細胞の1つである「形質細胞(B細胞(抗体をつくる細胞)が分化(単純なものから複雑なものになる)した細胞)」のがん

やがんの骨にできたがん細胞が他へ移って増えることなどのがんによる骨の変化などがある。


SITE SUPPORT BUTTON
Tweet   WEB RANKING  人気サイトランキング  このエントリーをはてなブックマークに追加

累計
本日
昨日
THIS SITE SEACH
カスタム検索