クイズ

細胞にある、増えすぎないようにするために、細胞が死ぬようプログラムされていることをなんといいますか?

1 メラノサイトーシス
2 アルカローシス
3 アポトーシス
4 ネクローシス

メラノサイトーシスは、顔にできる皮膚の病気の一つ。

血液のアルカリ性の度合いが高くなりすぎた状態

アポトーシスは多くの細胞によりなる生物の細胞で増えるにあたり制御するためのものとしてコントロールされた、プログラムされた細胞の死である。

ネクローシスは栄養が不足したり、毒やケガなどの外の原因により起こるプログラムされたものではない細胞の死である。

正解はアポトーシス